婚活の優先順位と『頑張る木こり』の物語

「ブライダルピース大和」代表 カウンセラー: 飯塚 千栄子

From:カウンセラー 飯塚 千栄子

 

婚活を頑張る。

 

言うまでもなく、大事なことですよね。

 

理想のお相手と巡り合って、幸せな結婚をしたい。

そう願っているのですから。

 

でもその頑張りには思わぬ落とし穴があったりします。

まずはこのお話を聞いてください。

 

『頑張る木こり』

働き者の木こりが材木屋に仕事をもらいに行きました。

 

申し分のない条件だ。

木こりはその仕事を引き受けることにしました。

 

最初の日。

木こりは親方から斧を一本渡され、仕事場を割り当てられました。

 

ようし、やるぞ!

木こりは張り切って山の中へ入っていきました。

 

その日、木こりは一日で十八本の木を切り倒しました。

 

「よくやった! この調子で明日も頼むぞ!!」

 

親方の言葉に気をよくした木こりは、明日はもっと頑張ろうと誓いました。

そして家に帰ると早めに寝ることにしました。

 

次の日。

木こりは誰よりも早く起きて、斧を担いで山に入りました。

 

ところが努力もむなしく、その日は十五本が精一杯でした。

 

疲れているに違いない。

そう考えた木こりは家に帰るとすぐに寝床に入りました。

 

そして昨日よりも早く、夜明けとともに目を覚ました木こり。

 

よし、今日は何としてでも十八本の記録を超えてみせるぞ!

こう自分を奮い立たせて寝床から飛び出しました。

 

ところが、その日は十八本どころか、昨日の半分も切り倒せません。

そして次の日は五本、そのまた次の日は三本。

 

そのまた次の日は夕方になっても、

二本目の木すら切り倒せないままで一日を終えることになりました。

 

おかしいな、こんなはずじゃ…

 

怒られるだろうとびくびくしながらも木こりは親方に正直に伝えました。

「これでも一生懸命やってるんです」

 

すると親方は木こりにこう尋ねました。

「最後に斧を研いだのはいつだ?」

 

木こりは答えました。

「斧を研ぐ? そんな暇なんてありませんよ。だって木を切るのに精一杯でしたから」

 

 

もうおわかりですよね?

 

木こりは「木を切る」という仕事に精一杯で、「斧を研ぐ」という仕事をおろそかにしていました。

 

どんなに切れ味の鋭い斧でも刃先は少しずつ劣化していきます。

刃が劣化すれば切れ味も鈍くなり、本来の力を発揮できなくなってしまいます。

 

それどころか、切れ味の悪い斧を力任せに振り回すと自分がケガをする原因にもなりかねません。

もちろん木こりなら、そんなことは十分にわかっていたでしょう。

 

でも目の前の木を切り倒す仕事、つまり稼ぎに直結する仕事にしか気が回らなかった。

それを親方に見抜かれたのです。

 

これは私たちの婚活にもよくある話ではないでしょうか?

 

婚活の「斧を研ぐ」

婚活の目的はもちろん結婚することです。

そのために出会いを求め、交際を申し込み(申し込まれ)、お付き合いを始めて…

その先にあるのが結婚ですよね。

 

それにはあなたの気持ちだけでなく、お相手の気持ちだって大切です。

あなたがいいなと思うだけでなく、お相手からもいいなと思ってもらえなければ、出会いからその先に進むことはありません。

 

では、お相手にいいなと思ってもらうためにはどうすればいいのか?

 

それにはお相手にあなたの良さをしっかりと伝えていく必要があります。

だって婚活における最大の売り物は ”あなた” なのですから。

 

つまり婚活の「斧を研ぐ」とは、自分の良さを伝えるために自分を磨いていく。

このことではないでしょうか。

 

婚活で「斧を研がない」とどうなるか

世の中は未婚率の上昇とともに結婚したい男女がひしめき合っていて、皿を目のようにして多くの選択肢の中から理想のお相手を探している状況です。

そのなかで選ばれるには選ばれるための魅力が必要です。

 

誤解しないでくださいね。

 

選ばれるための魅力とは、必ずしも年齢が若いこととは限りませんし、容姿端麗なことでもありません。ましてや異性との会話が上手ということでもありません。

 

それよりも、

あなたの表情を豊かにするメイクであったり、相手に好感をもってもらえるような服装選びであったり、お互いの距離が近づくような会話の選び方だったりするのです。

 

・あなたがどんなに気に入っていたとしても、最初の出会いに10年前に流行した服ではお相手の印象もよくないかもしれません。(高いブランド服を買う必要はありません。大事なのはTPOと清潔感です)

 

・あなたがどんなにすっぴんに自信があったとしても、最初のデートにノーメイクでは相手もちょっと引いてしまうかもしれません。(女性のメイクはお相手に対する敬意でもあります)

 

・あなたがどんなにお相手と打ち解けたと思っても、出会って最初のころは肩の凝らない会話をするべきでしょう。(くれぐれもあなたが抱えている悩みを打ち明けるとか、重いテーマは避けるべきです)

 

最高の自分を見せる

結婚するには自分を偽るべきだ。

そう申し上げているわけではありません。

 

結婚に向けて良い関係を築いていくには、まずはお互いの良いところから見せ合ったほうがいい。そのほうがお互いに惹かれ合うし、距離も近づきやすい。

そう申し上げているのです。

 

まずはお互いに好意を感じなければ進展はありませんからね。

 

私たちは誰にでも良いところと悪いところがあり、調子が良いときもあれば悪いときもあります。

自分の欠点や悲しんでいる姿、落ち込んでいる姿などは出会って最初の頃よりも、関係を深めていく過程で共有し、お互いが許容しあうものではないか、そう思うのです。

 

それよりも、まずは選ばれるために最高の自分を見せる。

これが婚活の「斧を研ぐ」ではないでしょうか。

 

まとめ

自由恋愛。

言葉の響きはいいのですが、じつは結婚するには厳しい競争を勝ち抜かなければならないことを意味しています。

 

自由とは自己責任のもとに享受できるものであり、ただ、ありのままの自分を見せることではありません。

切れない斧と同じで自分の魅力を磨かない…婚活においてこれほど恐ろしいことはありません。

 

理想の結婚をするには常に婚活の「斧を研ぐ」ようにしましょう。

いつまでも魅力的なあなたでいるほうが結婚してからもお相手に喜ばれますからね。

――飯塚 千栄子

 

追伸。

即効性には外見から。持続性には内面から磨きます。

どちらも大事なのですが効率よく磨くにはちょっとしたコツがあるんです。

 

知りたい方はお気軽にお声がけくださいね。