理想の結婚と南の島に派遣された靴のセールスマンの物語

理想の結婚と南の島に派遣された靴のセールスマンの物語

From:カウンセラー 飯塚 千栄子

 

ものごとの見方は人それぞれです。

 

たとえば、半分だけ水の入ったコップを見て「半分しか水が入っていない」と思うのか、「半分も水が入っている」と思うのか。

この見方の違いが婚活する上でも大きな違いになります。

 

これからあなたにお話しするのは、南の島に派遣された二人のセールスマンの物語です。

この話はあなたの婚活にもきっと取り入れられるのではないでしょうか・・・

 

南の島に派遣された2人のセールスマンの物語

 

靴のセールスマンが2人、南太平洋の孤島を訪れました。

 

彼らの目的はもちろん、靴を売ることです。

でも、島に住んでいる人を見るとみんな裸足です。

 

これを見たセールスマンの1人はすぐに会社に電報を打ちました。

 

「大変です! とんでもないところへ来ました!!

私たちにはまったく用のない島です。だれも靴を履いていませんので」

 

ところが、もう1人のセールスマンは興奮して、会社に向けてこんな電報を打ちました。

 

「大変です! とんでもないところへ来ました!!

島の人はだれも靴を履いていません。これならいくらでも靴が売れます。

大至急、ありったけの靴を送ってください」

 

これがものごとの見方の違いです。

見方の違いによって得られる結果も違いました。

 

たしかに、1人目のセールスマンのように、だれも靴を知らないのに「靴を買いませんか?」とセールスしても売れる可能性は低いでしょう。そもそも靴の価値を知らないのですから。

 

でも靴を履くことで固い地面や石ころから足が守られ、足の痛みから解放されることを教えてあげれば島民全員がお客さんになります。

いくらでもセールスできるのです。

 

だから2人目のセールスマンは「大至急、ありったけの靴を送ってください」と興奮したのです。

 

あなたの婚活はどちらですか?

これは私たちの婚活にも同じことが言えます。

 

たとえば結婚相談所。

あなたにとって結婚相談所はどのようなものでしょうか?

 

「結婚相談所に集まるのは結婚できない人ばかり」とネガティブに考えるのか。それとも「結婚相談所は結婚したい人の集まりだ。いくらでも候補者がいるし、その中から自分に合った人がきっと見つかるはずだ」とポジティブに考えるのか。

 

この考え方の差は大きいです。

 

ネガティブな側面ばかりを見てしまうとあなたの活動もそういうものになりますし、手に入るのはネガティブな結果になるでしょう。ポジティブに受け止めれば婚活は楽しくなりますし、そんなあなたとの出会いは相手にとっても楽しいものになるはずです。

(本来、婚活は楽しいことだと思うのです。だって、もっと人生を豊かにするためにみんな結婚するのですから)

 

そんなこと言われても急にはポジティブになれないよ。

もしあなたがそう思ったのであればポジティブを引き寄せるコツをお教えしますね。

 

そのコツとは・・・「笑顔」を作ることです。

 

え、そんなこと?

笑顔くらいでそう簡単にはいかないよ。

 

そうも思われたかもしれませんが、こんなに簡単なことがポジティブを引き寄せる最大のコツになるのです。

 

本物の「笑顔」が幸せを引き寄せる

私のカウンセラー経験からも言えるのですが・・・

本物の「笑顔」を絶やさない人は出会いから結婚まであっという間ですし、結婚してからも楽しい家庭を築かれている人が多いです。

 

笑顔は私たちの人間関係を豊かにするコツですし、あなたの出会いだってあなたの表情しだいです。

 

基本的に、お見合いは第一印象の先行逃げ切りで勝負がつきます。

第一印象は最悪だったけど、話していくうちに印象が良くなって・・・そんなのはドラマの中だけの話です。

 

たいていの場合、初対面で感じが悪ければ「なんかヤダな・・・」と心理的なブロックが働いて、その後の言動はすべて色眼鏡で見られるようになります。次に会ったときに挽回しようなんて二度目のチャンスはありません。

 

だから第一印象が肝心ですし、第一印象を良くするにはあなたの「笑顔」が欠かせないのです。

 

もしあなたが笑顔を作るのが苦手というのであれば、あなたが楽しいと思うことを頭の中に思い浮かべてみてください。

 

おいしいご飯を食べたとき、ディズニーランドに遊びに行ったとき、仕事で上司や同僚、お客さんから褒められたときなど、ニコニコしてしまうようなできごとが一つや二つありますよね。理想の結婚生活を想像するのも楽しいかもしれません。

 

楽しいことを考えていると自然とニコニコ笑顔になってきますし、目の前の相手や周りの人にもそんな「あなた」が伝わります。(反対に、嫌なことばかり考えているとブスッとした表情になりますし、そんな雰囲気が「あなた」になってしまいます)

 

私たち人間は二つの感情を同時に持つことはできません。

ニコニコ笑顔でいるときに「不安」を感じることはできませんし、「不満」が顔に出ることもありません。作り笑いという言葉もありますが、無理に笑ってみせたとしても、それが作り笑いというのはすぐにわかってしまいます。だから楽しかったことを思い出したり、今を楽しんだり、楽しい未来を想像するのが「笑顔」を本物にするポイントです。

 

笑顔を磨く

笑顔が作れるようになったら次は笑顔を磨いてみましょう。

笑顔を磨くには、鏡をのぞいてにっこりとほほ笑む練習です。

勉強だってスポーツだって、練習で出せない力を本番で出せるわけがありません。

 

芸能人やプロのモデルを見てもらえればわかりますが、すてきな笑顔を作れる人というのは笑顔を作る練習をしています。

その点、毎日鏡を見てメイクする女性であれば笑顔の練習も難しくありませんよね。

 

さあ、これであなたの「笑顔」はあなたの婚活の最大の武器になりました。

 

まとめ

今日の話はこれでおしまいです。

いかがでしたか?

 

あなたの視点をほんのすこし変えただけできっとすばらしい出会いがあるはずですし、あなたの笑顔はあなたに幸せな結婚をもたらすと私は信じています。

 

私のアドバイスであなたの人生がもっとよくなるのであれば、嬉しいです。

――飯塚 千栄子

 

婚活に求められる「あなた」らしさとは

婚活に求められる「あなた」らしさとは

「ブライダルピース大和」代表 カウンセラー: 飯塚 千栄子

From:カウンセラー 飯塚 千栄子

 

あなたの婚活は順調ですか?

 

人生の大切なパートナーを探す婚活の場ではお相手に対しての配慮が欠かせません。

ちょっとした気配りや身だしなみの工夫だけでも、あなたを相手に印象付けて「気になる存在」にしたり、「もっとよく知りたい」と思ってもらえるようになります。

でも緊張のせいか、大事な場面で上手に振る舞えない人もいらっしゃって、、、ご縁を取り持つ私からすれば、もったいない、そう思ってしまうんです。

 

ある意味、「成功する婚活のノウハウ」とは「振る舞い方のノウハウ」です。ちょっとした「あなた」の見せ方で相手の気持ちをこちらに振り向かせることができるんですよ。

お見合いでも婚活パーティでも、初対面の相手にどれだけ良い印象を与えるか、これはとても重要なことです。

 

誤解しないでくださいね。

あなたにまったく別人を演じろとか、あなたが積極的にお相手をリードしなければいけない、そう言っているのでもありません。

「あなた」らしさをしっかり伝えて、気になる相手がいたらしっかりと振り向かせてほしい、そう言いたいのです。

 

世の中に出回る「あなた」らしさの嘘

恋愛の指南書などで「あなたらしさが大事」とか「あなたが相手に合わせなくてもいい」なんてメッセージを見かけることがあります。

この言葉、半分は正しくて半分は間違っています。これを自分に都合よく解釈したり、鵜呑みにしてはいけません。

 

かりにあなたの自慢が個性的なセンスだとしても、お相手のあなたに対する関係性が十分になってから披露されたほうがよろしいかと思います。

「そんなのネコをかぶっているみたいでイヤ」って?

あなたに伝えたいのはそんな低い次元の話ではありません。婚活は大切なパートナーを探す、大人の社交場です。求められる振る舞い方というものがあるのです。

 

事実、自分のしたいように自由に振る舞うことが必ずしもあなたを幸せにしてくれるわけではありません。

 

例えば、

● 就職活動の面接で「自分らしく」振る舞う。

● 本気で痩せたいから「自分らしく」大好きなケーキを食べまくる。

● 出会いがほしいから「自分らしく」休みの日は自宅に引きこもる。

 

そんなことはありませんよね。そんな自分らしさは一時的にどこかへ置いておくはずです。きっと状況に応じて使い分けるのではないでしょうか。

 

では婚活に求められる「あなた」らしさとは何なのか?

ふつうに考えれば、お互いを見ないうちから交際に進むことはありませんよね。まずは顔を見たり、姿を見たりしてどんな人なのか確かめるはずです。

つまり、婚活における最初の「あなた」らしさはあなたの外見になります。身だしなみに気を配ることで「あなた」の印象はガラリと変わります。この手間を惜しむのは本当にもったいないです。

これからあなたの印象を良くする2つのことをアドバイスします。

 

メイクアップで「あなた」を見てもらう

ふだんのあなたがあまりお化粧をしないようなタイプでも、婚活では少しばかり頑張ってメイクしてみてください。メイクはあなたの魅力を引き出しますし、お相手への敬意にもなります。

 

ひょっとしてメイクが苦手ですか? 

香りに敏感な職業であったり、お化粧は控えめの職場にいると、慣れないメイクはちょっと苦手ということもありますよね。

 

大丈夫。安心してください。私からとっておきのアドバイスです。

もしメイクが苦手であればデパートの化粧品売り場でプロのアドバイスを受けてみてください。

メイクのプロは美容のプロです。あなたにはどんな色が似合うのか教えてくれたり、今どきのメイクを教えてくれたり、あなたのお肌の悩みまで解決してくれるかもしれません。

無理に高い化粧品を買わなくても、最低限のものを揃えるだけで良いアドバイスがもらえるはずです。

 

これは間違いなく言えるのですが、美しくなればなるほど女性は気分が良くなるものです。自分にも自信がつきますし、そのように振る舞うようになります。そんな女性は男性にとって、すごく魅力的に映るものです。

 

服装で「あなた」を見てもらう

「大事なのは中身。外見は関係ない」

もしあなたがそう考えていたとしても、それどころかそう考えているのであればなおさら、婚活の服装にも気を配りましょう。

 

世の中、女性らしさを求める男性は多いものです。

どんなに男女平等だとか、女性が強くなってきたと言っても、はるか昔より、男性にとって女性は守るべき対象なのです。これは生き物の本能レベルの話なので抗うことはできません。

 

どんな場であれ、服装のTPOは必要ですし、お相手に対しての敬意です。それが婚活の場であれば、できるだけ自分をよく見せたいし、お相手にビビビと感じてほしいですからね。

 

もしふだんのあなたが活動的なタイプで、パンツルックがあなたらしいスタイルだとしても、はじめての出会いでは女性らしいスカートのほうがお勧めです。あなたの女性らしさを印象付けることができますから。

高価なブランド服を買いそろえる必要はありませんが、あなたに似合った清潔感のある服装を心がけましょう。流行遅れであったり、あまりに年齢とかけ離れた服装は、そういう印象を与えてしまうのでくれぐれも気をつけましょう。

 

あなたらしいスタイルを伝えるのはお相手と打ち解けてから。

これからの人生を寄り添うのに自分らしさが出せないのでは息が詰まってしまいますからね。でも、最初からあなたらしさを出し過ぎると上手くいかないことは多いものです。

まずはじっくりとお相手との関係性を築くようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

婚活に求められる「あなた」らしさとは、あなたの考える「あなた」らしさだけではありません。お相手にどのように見えるか、そんな「あなた」らしさがとても大切なのです。

 

でも、お相手に対しては、どんな良い所があるかなと優しい目で見てくださいね。

その態度は、より魅力的なあなたになりますよ。

 

出会いから結婚、そして結婚生活。

これまでの私の人生経験や結婚カウンセラーとしての20年の経験からさまざまな人生の場面を見てまいりました。

だからこそ、ときには厳しいアドバイスを差し上げるかもしれません。それがあなたの人生を大きく左右するかもしれない結婚相談カウンセラーとしての責任だと思っています。

 

私のアドバイスであなたの人生がもっとよくなるのであればこんなにうれしいことはありません。

 

――飯塚 千栄子