タグ: パートナー

婚活の「折り合い」と「妥協」。お相手に求める条件の境界線はどこ?

「ブライダルピース大和」代表 カウンセラー: 飯塚 千栄子

From:カウンセラー 飯塚 千栄子

 

ちょっと待ってください!

 

あなたのそのマッチングは「折り合い」の成果ですか? それとも「妥協」の産物ですか?

 

結婚相談カウンセラーとして20年の経験から申し上げると、お相手条件の「折り合い」は賢い判断になることが多いです。出会いのチャンスが広がりますし、そもそも出会えなければ始まりませんので。

でも絶対に「妥協」だけはいけません。あなたの大切なお相手を選ぶのに安易な判断はしないでください。

これからの結婚生活の中で必ず後悔することになりますよ。

 

「折り合い」と「妥協」の違い

そもそも「折り合い」と「妥協」の違いは何なのでしょうか?

 

三省堂の『新明解・国語辞典』によると、

折り合い(をつける)

対立している者が譲り合って、妥協する

 

妥協(する)

両方の意見が対立している場合、互いに折れ合って穏やかに話をまとめること

(広義では、相手の権力などに屈して、いいかげんな所で自分の主張をごまかすことを指す)

 

もともと同じような意味をあらわす言葉ではあるものの、世間では「妥協」のほうが悪く捉えられることが多いようですね。

 

では、この記事でも

折り合い・・・お互い譲り合って良い結果を求めること

妥協する・・・相手に屈して自分の希望を曲げること

この前提でお話を進めたいと思います。

 

婚活の「折り合い」と「妥協」の境界線

さすがに今の時代、結婚相手は3高(高身長・高学歴・高収入)じゃなきゃイヤ、なんて人は少なくなりました。

 

そこまでは求めないにしても、幸せな結婚生活を想像するとあれやこれやと希望は出てきますよね。ごく自然なことです。だって、お相手とは生涯寄り添うのですから。

そのときにはっきりさせておきたいのが、あなたはお相手に何を求めて、何を求めないか。求めるとしたらどの程度まで求めるのか。それは絶対に譲れないのか、それとも状況しだいでは多少譲ってもいいものなのか。

これらをあらかじめ決めておくことで、ご縁のないお相手にあなたの貴重な時間をムダにしないで済みます。婚活の時間を節約できるって、ものすごく大きなことです。

 

出会いのチャンスを広げるためにポジティブな「折り合い」はOK。でも将来的に自分に負荷のかかる「妥協」はNGです。

 

では婚活を成功させるには、何に折り合いをつけて、何に妥協しないほうがいいのか。

実際に良縁に巡り合えた人たちに共通する項目をご紹介します。よかったら、あなたのお相手選びの参考にしてください。

 

ポジティブな「折り合い」3つ

年齢

お相手の年齢条件は多少幅を持たせたほうが出会いの確率は上がります。

もしあなたのストライクゾーンが30歳~40歳だとすれば、25歳~45歳に広げておくと前後5歳のチャンスが生まれます。例えば28~29歳や41歳~42歳のような、今までのストライクゾーンでは見逃していた良縁をつかまえることができます。これがけっこう大きかったりします。

実際にお会いしてみると年齢よりもずっと若く見えたり、反対にずっと大人っぽく見えたり、好印象な場合がありますからね。(もちろん反対のケースもありますが、、)

絶対にダメ! というのでなければ年齢は多少ゆるやかに考えてもいいと思います。

 

年収

高収入とまでは言わなくても、経済的な安心はほしいですよね。

お気持ちはよくわかります。

とはいっても、終身雇用が保障されない今の時代、”今” の年収にこだわりすぎるのはちょっと危険かもしれません。

願わくば、末永く幸せな結婚生活です。

お相手の職業人としての力、たとえば資格を持っている、手に職がある、将来性がある、経験が豊富など、総合的な判断されたほうが正解です。

 

同居

ご両親など親族と同居しないことを条件にする人も少なくないのですが、じっくり考えたほうがいいところです。

家族のあり方や世の中の状況は目まぐるしく変化しています。5年先、10年先など、あなたやお相手は今とまったく違う環境に置かれているかもしれませんし、そのときの考え方だって変わっている可能性も高いです。

同居は絶対イヤだったのに、ご両親が子どもの面倒を見てくれるので助かっているとか、仕事を辞めずにすんだとか。最近はそんな話をよく耳にするようになりました。

デリケートな問題なのでしっかり考えておく必要があります。でも、そこにこだわりすぎて良縁を逃すのはもったいない、そう思うのです。

 

たった1つの「妥協」NG

さあ次は絶対に妥協してはいけないところ。多くの婚活成功者が口を揃えておっしゃるのがお互いの価値観です。

 

価値観

言うまでもなく、いっしょに生活する上でお互いの価値観は大事なポイントです。

誤解しないでくださいね。

必ずしもお互いが同じ価値観である必要はありません。

 

例えば、同じ価値観に代表されるのは、

● 食べ物の好みが同じ

● 好きな音楽が同じ

● 笑いのツボが同じ

このあたりでしょうか?

確かにお相手との価値観が同じであれば話も合うし、仲良く暮らしていけますよね。そう考えれば、お互いが同じ価値観を持つというのは大事なことかもしれません。

 

でもなかには、違う価値観をお互いに尊重し合うご夫婦もいらっしゃいます。

● 食べ物の好みが違う → 自分の知らなかった食べ物の発見

● 好きな音楽が違う → 自分の知らなかった音楽の発見

● 笑いのツボが違う → 自分の知らなかったお笑いの発見

 

「こんな考え方もあるんだ! 自分一人では気づかなかったよ」

違う価値観を共有することで、視野を広げたり、お互いを高め合う。

そんな関係も素敵ですよね。

 

私が思うに、大切なのはお互いの価値観を理解するということではないでしょうか。

 

「折り合い」と「妥協」NGが決まったら次にすること

「折り合い」と「妥協」NGがはっきりすれば、あとは素敵なご縁に巡り合うまで、できるだけ多くのお相手情報を受け取り、できるだけ多くの方にお会いするだけです。

結局のところ、会ってみなければわかりませんからね。

1回のお見合いで理想のお相手にすぐに出会える、そんなふうに期待しすぎてはいけません。人と人とのご縁は、そう簡単なものではありませんので。もちろん、スピード婚されて幸せな結婚生活を送られている、うらやましい方もいらっしゃいますが。

 

一度お会いしてご縁を感じなければ次に行きましょう。

できるだけ多くの方にお会いしたほうが良縁の確率は上がりますし、”場” に慣れることでお相手を見る目も養われます。

 

モヤモヤした気持ちや心配事があったら信頼できるカウンセラーに全部吐き出してしまいましょう。デリケートな悩みを打ち明けるのに、友人や知人よりも客観的なアドバイスをしてくれるカウンセラーのほうがいい思います。

 

まとめ

「そして二人はステキな結婚式を挙げました。めでたし、めでたし」

 

私があなたに願っているのはそれだけではありません。

「そして二人は結婚し、生涯幸せに暮らしました。めでたし、めでたし」です。

 

それにはあなたの「折り合い」と「妥協」NGのポイントをはっきりさせておくことをお勧めします。

 

私のアドバイスであなたの人生がもっとよくなるのであればこんなにうれしいことはありません。

 

――飯塚 千栄子

婚活に求められる「あなた」らしさとは

「ブライダルピース大和」代表 カウンセラー: 飯塚 千栄子

From:カウンセラー 飯塚 千栄子

 

あなたの婚活は順調ですか?

 

人生の大切なパートナーを探す婚活の場ではお相手に対しての配慮が欠かせません。

ちょっとした気配りや身だしなみの工夫だけでも、あなたを相手に印象付けて「気になる存在」にしたり、「もっとよく知りたい」と思ってもらえるようになります。

でも緊張のせいか、大事な場面で上手に振る舞えない人もいらっしゃって、、、ご縁を取り持つ私からすれば、もったいない、そう思ってしまうんです。

 

ある意味、「成功する婚活のノウハウ」とは「振る舞い方のノウハウ」です。ちょっとした「あなた」の見せ方で相手の気持ちをこちらに振り向かせることができるんですよ。

お見合いでも婚活パーティでも、初対面の相手にどれだけ良い印象を与えるか、これはとても重要なことです。

 

誤解しないでくださいね。

あなたにまったく別人を演じろとか、あなたが積極的にお相手をリードしなければいけない、そう言っているのでもありません。

「あなた」らしさをしっかり伝えて、気になる相手がいたらしっかりと振り向かせてほしい、そう言いたいのです。

 

世の中に出回る「あなた」らしさの嘘

恋愛の指南書などで「あなたらしさが大事」とか「あなたが相手に合わせなくてもいい」なんてメッセージを見かけることがあります。

この言葉、半分は正しくて半分は間違っています。これを自分に都合よく解釈したり、鵜呑みにしてはいけません。

 

かりにあなたの自慢が個性的なセンスだとしても、お相手のあなたに対する関係性が十分になってから披露されたほうがよろしいかと思います。

「そんなのネコをかぶっているみたいでイヤ」って?

あなたに伝えたいのはそんな低い次元の話ではありません。婚活は大切なパートナーを探す、大人の社交場です。求められる振る舞い方というものがあるのです。

 

事実、自分のしたいように自由に振る舞うことが必ずしもあなたを幸せにしてくれるわけではありません。

 

例えば、

● 就職活動の面接で「自分らしく」振る舞う。

● 本気で痩せたいから「自分らしく」大好きなケーキを食べまくる。

● 出会いがほしいから「自分らしく」休みの日は自宅に引きこもる。

 

そんなことはありませんよね。そんな自分らしさは一時的にどこかへ置いておくはずです。きっと状況に応じて使い分けるのではないでしょうか。

 

では婚活に求められる「あなた」らしさとは何なのか?

ふつうに考えれば、お互いを見ないうちから交際に進むことはありませんよね。まずは顔を見たり、姿を見たりしてどんな人なのか確かめるはずです。

つまり、婚活における最初の「あなた」らしさはあなたの外見になります。身だしなみに気を配ることで「あなた」の印象はガラリと変わります。この手間を惜しむのは本当にもったいないです。

これからあなたの印象を良くする2つのことをアドバイスします。

 

メイクアップで「あなた」を見てもらう

ふだんのあなたがあまりお化粧をしないようなタイプでも、婚活では少しばかり頑張ってメイクしてみてください。メイクはあなたの魅力を引き出しますし、お相手への敬意にもなります。

 

ひょっとしてメイクが苦手ですか? 

香りに敏感な職業であったり、お化粧は控えめの職場にいると、慣れないメイクはちょっと苦手ということもありますよね。

 

大丈夫。安心してください。私からとっておきのアドバイスです。

もしメイクが苦手であればデパートの化粧品売り場でプロのアドバイスを受けてみてください。

メイクのプロは美容のプロです。あなたにはどんな色が似合うのか教えてくれたり、今どきのメイクを教えてくれたり、あなたのお肌の悩みまで解決してくれるかもしれません。

無理に高い化粧品を買わなくても、最低限のものを揃えるだけで良いアドバイスがもらえるはずです。

 

これは間違いなく言えるのですが、美しくなればなるほど女性は気分が良くなるものです。自分にも自信がつきますし、そのように振る舞うようになります。そんな女性は男性にとって、すごく魅力的に映るものです。

 

服装で「あなた」を見てもらう

「大事なのは中身。外見は関係ない」

もしあなたがそう考えていたとしても、それどころかそう考えているのであればなおさら、婚活の服装にも気を配りましょう。

 

世の中、女性らしさを求める男性は多いものです。

どんなに男女平等だとか、女性が強くなってきたと言っても、はるか昔より、男性にとって女性は守るべき対象なのです。これは生き物の本能レベルの話なので抗うことはできません。

 

どんな場であれ、服装のTPOは必要ですし、お相手に対しての敬意です。それが婚活の場であれば、できるだけ自分をよく見せたいし、お相手にビビビと感じてほしいですからね。

 

もしふだんのあなたが活動的なタイプで、パンツルックがあなたらしいスタイルだとしても、はじめての出会いでは女性らしいスカートのほうがお勧めです。あなたの女性らしさを印象付けることができますから。

高価なブランド服を買いそろえる必要はありませんが、あなたに似合った清潔感のある服装を心がけましょう。流行遅れであったり、あまりに年齢とかけ離れた服装は、そういう印象を与えてしまうのでくれぐれも気をつけましょう。

 

あなたらしいスタイルを伝えるのはお相手と打ち解けてから。

これからの人生を寄り添うのに自分らしさが出せないのでは息が詰まってしまいますからね。でも、最初からあなたらしさを出し過ぎると上手くいかないことは多いものです。

まずはじっくりとお相手との関係性を築くようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

婚活に求められる「あなた」らしさとは、あなたの考える「あなた」らしさだけではありません。お相手にどのように見えるか、そんな「あなた」らしさがとても大切なのです。

 

でも、お相手に対しては、どんな良い所があるかなと優しい目で見てくださいね。

その態度は、より魅力的なあなたになりますよ。

 

出会いから結婚、そして結婚生活。

これまでの私の人生経験や結婚カウンセラーとしての20年の経験からさまざまな人生の場面を見てまいりました。

だからこそ、ときには厳しいアドバイスを差し上げるかもしれません。それがあなたの人生を大きく左右するかもしれない結婚相談カウンセラーとしての責任だと思っています。

 

私のアドバイスであなたの人生がもっとよくなるのであればこんなにうれしいことはありません。

 

――飯塚 千栄子