タグ: 人生

婚活を成功させる秘訣。結婚すると決断したら?

「ブライダルピース大和」代表 カウンセラー: 飯塚 千栄子

From:カウンセラー 飯塚 千栄子

 

あなたは婚活を成功させるための上手な「決断」をしていますか?

 

結婚できる人とできない人の決定的な違いは決断するかしないか、ではないでしょうか。

 

少し考えてみてほしいのですが、私たちの人生はすべて自分自身の決断の結果です。(仕事でもプライベートでも、私たちの人生は決断の連続ですよね)

 

言い換えると、あなたも私も決断しないことには自分の人生を前に進めることができません。

決断しない怖さについては、こんなお話があります。『寓話セラピー(ホルヘ・スカイ著)』という本の中にある物語の一つですが…

 

 

『ケンタウロスと村人と作者の物語』

あるところに一頭のケンタウロスがいました。

ほかのケンタウロスがそうであるように、彼も半分は人間で、半分は馬の体を持っていました。

 

ある日の午後、草原を散歩しているとケンタウロスはお腹が空いてきました。

「さあ何を食べよう」

 

ケンタウロスは考えました。

「ハンバーガーか牧草か。牧草かハンバーガーか」

 

考えても決められなかったので、結局、何も食べませんでした。

 

夜が来てケンタウロスは眠くなりました。

「さあどこで寝よう」

 

ケンタウロスは考えました。

「ホテルか馬小屋か。馬小屋かホテルか」

 

考えても決められなかったので、結局、眠りませんでした。

 

食べず眠らず、ケンタウロスはとうとう病気になってしまいました。

「誰を呼ぼう」

 

ケンタウロスは考えました。

「医者か獣医か。獣医か医者か」

 

病気なのに誰を呼ぶか決められなかったので、結局、ケンタウロスは死んでしまいました。

 

村の人たちが死体に近寄り、ケンタウロスの死を悲しみました。

「埋めてやらなければ」

 

人々はそう言いました。

「でもどこに? 村のお墓か草原か。草原か村のお墓か」

 

考えても決められなかったので、結局、村の人は本の作者を呼ぶことにしました。

 

呼ばれた作者も決められなかったので、ケンタウロスを生き返らせることにしました。

 

めでたし、めでたし、これでおしまい…

 

ということには、いつまでたってもなりませんでした。

 

 

この物語を聞いて、あなたはどう思いましたか?

 

「私はそんなに優柔不断じゃない」

ひょっとしてそう思いましたか?

 

「婚活とは違うよ。ただの作り話でしょ」

こうも思いましたか?

 

もちろんこれは寓話ですから、少しばかりオーバーに伝えていますけどね。だけど決断しない怖さをやさしく気づかせてくれる良いお話だと思います。

あなただって「決められずに困ってしまった」なんてことは今までの人生で一度や二度はあるはずです。もしかしたら、気づいていないだけかもしれませんよ。

 

たとえば、健康はどうでしょうか。

●必要な栄養を取るという決断

●十分な睡眠をとるという決断

●適度な運動をするという決断

健康を維持するにはこれらが必要ですよね。

そして現代社会においては、強い意志の力で決断しなければどれも実現しないものばかりでしょう。(ケンタウロスが死んだ理由を思い出して下さい)

 

これは結婚と決断でも同じことが言えます。

 

あなたは何を決断しますか?

結婚するという決断。

結婚しないという決断。

 

どちらもその人の価値観ですし、価値観には良いも悪いもないと思っています。私はどちらの価値観も尊重します。

 

でも、結婚するという決断をしたのであれば、早く婚活に取り組んでほしい。それもできるだけ上手に。そう願っています。

 

ひと昔前までは、適齢期になれば勝手に縁談が持ち込まれて自動的に結婚が決まっていく。言ってみれば受け身の決断で結婚ができました。

でも時代は変わりました。今はそんなこと、まず期待できません。今の時代、自由恋愛を当たり前のように思う人が多いのですが、じつは、ちゃんと自分で婚活しなければ結婚できないような社会の仕組みでもあるのです。(自由恋愛って、じつは恋愛格差を生み出していたりします)

 

だから、まだお相手がいないけれど結婚したい、そう思っているのであればちゃんと婚活する必要があるのです。

 

あっ、心配しないでくださいね。

ちゃんと婚活するといっても特別なことをするわけではありませんよ。ちょっとした決断を積み重ねていくだけです。

 

 

婚活を成功させる秘訣

婚活を成功させるには、

●一度会ってみるという決断

●一度デートしてみるという決断

●一度ダメでも気持ちを切り替えて前に進むという決断

このような小さな決断の積み重ねが大切です。そんなに難しくないですよね。

 

あなたはいつ結婚したいですか?

私なら良いご縁であればできるだけ早く結婚したいです。そのほうが楽しいことに使える時間も増えますからね。

 

人は誰しも使える時間には限りがあります。

もちろん、自分の人生にあれこれ悩んだり、しっかり考える時間も必要です。だけど、ただ決断を先延ばしにしてあなたの貴重な時間を浪費しないでほしい、そう思うのです。

 

ご縁のありそうなお相手であれば一度会ってみる。デートでお相手のお人柄など確かめてみる。もしそこでご縁がなくても気持ちを切り替えて、次のもっと良いご縁を求めていく。出会いやデートの経験を積むことで落ち着いてお相手を判断できるようになったり、もっと上手に自分を見せられるようになるものです。

 

1回目よりも2回目のほうが、2回目よりも3回目のほうが上手くいく。結婚すると決断したら、婚活でもどんどん決断していく。

 

私の20年に渡るカウンセラー経験からも、これが婚活に成功する秘訣だと思うのです。

 

まとめ

結婚できる人とできない人の違いは決断するかしないかです。

『ケンタウロスの物語』では、登場人物の全員が、”どちらかではなく、どちらも決断しない” という決断をしました。

これは物語の中だけの笑い話として、あなたはそんな愚を犯すべきではありませんよね。

 

さあ、あなたは何を決断しますか?(それもすばやく!)

 

――飯塚 千栄子

結婚に対する価値観と『二人の男性の物語』

「ブライダルピース大和」代表 カウンセラー: 飯塚 千栄子

From:カウンセラー 飯塚 千栄子

 

一分間だけ目を閉じて想像してみてください。

人生最後の日を、あなたはどのように迎えているでしょうか?

 

ここであなたにある二人の男性の物語を紹介したいと思います。

 

25年前の美しい春の夕暮れに、二人の若者が同じ大学を卒業しました。彼らは驚くほどよく似ていました。

二人とも平均的な学生よりも少しだけ良い成績で、二人ともちょっと人見知りだけどやさしい好青年。そして二人とも将来に向けて期待に胸を膨らませていました。

 

最近、この二人が25年ぶりにサークルの同窓会で会いました。

「おお~、久しぶり!」

「なんだよ、元気?」

「お互い、あんま変わんね~なぁ」

 

彼らは相変わらずよく似ていました。

二人とも都内にある中堅どころの会社に勤め、二人とも目立たないながらもまじめな仕事ぶりで上司の信頼も厚く、二人とも半年前に、課長に昇進したばかりでした。

 

しかし違いもありました。

 

一人は今だに自由気ままな独身貴族。自分で稼いだお金は自由に使えるので、つい先日も、30万円もするゴルフクラブのセットを即買いしたばかりでした。

もう一人は5年前に結婚し、奥さんと二人の子どもがいました。お小遣い制ですがこれといって不自由もなく、休みの日は子どもと公園で遊んだり、この前の夏休みには家族で沖縄に行ってきました。

 

何が二人の人生に違いを生じさせたのでしょうか?

 

人の一生で何がこのような違いを生じさせるのか、考えたことはありますか?

●持って生まれた容姿の良さ?

●明るく積極的で社交的な性格?

●女性を楽しませる話題の豊富さ?

 

いいえ、違います。

片方が結婚したくて、もう片方が結婚したくなかったわけでもありません。

 

決定的な違いとは、二人の結婚に対する意識と行動です。

片方は結婚するには仕事が忙しい、結婚したら自由がなくなる、など行動を起こせない理由をたくさん並べてくれました。

もう片方はこのまま独りで一生を過ごすなんて考えたくもない。そんな味気ない人生だけは絶対にイヤだ。そう思って人見知りにムチ打って行動を起こしたのです。

 

このまま二人の人生が進むとしたら、人生最後の日に二人は何を思うでしょうか。

 

 

あなたの人生はあなたのもの

結婚相談カウンセラーの私がこんなことを言うと怒られてしまうかもしれませんが…

結婚だけが人生ではないと思います。人生に対する価値観は人それぞれですから。

 

自分の人生に対する責任を果たしさえすれば、

 ●ゴルフ三昧で幸せ、

 ●マンガに囲まれて幸せ、

 ●美味しいものを食べ歩くのが最高の楽しみ、

 

こんなふうに一人で感じる幸せもたくさんあります。

『銀河鉄道の夜』で有名な宮沢賢治さんや『サザエさん』の長谷川町子さんなど、生涯を独身で過ごした偉人も大勢いらっしゃいます。好きなことに情熱を捧げられる人生はすばらしいと思います。

 

でも、でも、でもですよ。

もしあなたが、

 ●ずっと独りで生きていくのは寂しい

 ●一人より二人。家族で過ごす人生のほうが楽しい

 ●誰にも気付かれずにひっそりと死んでいくのはイヤだ

そう考えているのであれば…

 

子どもといっしょにお風呂に入ったり、夜は川の字になって寝たい。

そんな人生を望んでいるのであれば…

 

何かが起こるのを ”待って” いてはいけません。

 

あなたは結婚したいですか?

個人的なお話をさせていただくのですが…

 

私の場合、幸いなことに良縁に恵まれ、三人の子どもを授かりました。その子どもたちも成人し、今ではそれぞれに家庭を築き、子どもたちを授かっています。

年に何回かはみんなで集まってご飯を食べたり、旅行したりしています。

そんな時に、結婚をしていなければ、目の前の全ての人がいない。

今、自分は一人です。

もちろん、一人でも幸せな方は大勢いらっしゃいますが、自分自身を考えると大変な事も多かったけど、家族に恵まれて、心の底から、ああ幸せだな、と感じるのです。

 

もちろん、どんなに好きな相手とだって、ときにはケンカもするでしょう。相手に合わせて何を食べるか決めたり、どんな映画を見ようか決めたり、家族を優先することが多くなります。(というよりも、ほとんどそれですよね)

 

だけど、それが家族の暮らしであり、やっぱり結婚は人生を限りなく豊かにする、そう思うのです。

だから結婚したいけど一歩を踏み出せない人には本音のアドバイスで背中を押してあげたいのです。

(こんなカウンセラー、少しお節介でしょうか?)

 

あなたはどれくらいエネルギーを使えますか?

私の経験から申し上げれば、女性に比べて男性のほうが婚活に使える時間も気力も少ないように思います。

きっとあなたの場合もそうではないでしょうか?

いくら男女平等といっても、やはり男性のほうが仕事に求められることも多いですからね。男女の性質的な違いもあるのですが、女性のように仕事は仕事で割り切って、というのはなかなか難しいように感じます。(たいていの場合、男性のほうが家に帰ってからも仕事のことを考えています、、)

そんなわけで男性のほうが婚活に向けるエネルギーが少なくなっているような気がします。

 

間違いなく言えるのですが、私たちは歳を重ねるごとに結婚を意識した出会いの場が少なくなります。いわゆる ”自然な出会い” というやつは皆無でしょう。

 

あなたがいつも仕事が忙しい。だから限られた時間と労力を使って効率よく婚活したい。

そういうタイプであれば、お手軽な出会いのマッチングサイトよりも、結婚に真剣で身元もしっかりした人との出会いを設定してくれる結婚相談所が向いているんじゃないか、そう思ってしまいます。

 

これも少しばかり、お節介でしょうか…

 

――飯塚 千栄子

婚活に求められる「あなた」らしさとは

「ブライダルピース大和」代表 カウンセラー: 飯塚 千栄子

From:カウンセラー 飯塚 千栄子

 

あなたの婚活は順調ですか?

 

人生の大切なパートナーを探す婚活の場ではお相手に対しての配慮が欠かせません。

ちょっとした気配りや身だしなみの工夫だけでも、あなたを相手に印象付けて「気になる存在」にしたり、「もっとよく知りたい」と思ってもらえるようになります。

でも緊張のせいか、大事な場面で上手に振る舞えない人もいらっしゃって、、、ご縁を取り持つ私からすれば、もったいない、そう思ってしまうんです。

 

ある意味、「成功する婚活のノウハウ」とは「振る舞い方のノウハウ」です。ちょっとした「あなた」の見せ方で相手の気持ちをこちらに振り向かせることができるんですよ。

お見合いでも婚活パーティでも、初対面の相手にどれだけ良い印象を与えるか、これはとても重要なことです。

 

誤解しないでくださいね。

あなたにまったく別人を演じろとか、あなたが積極的にお相手をリードしなければいけない、そう言っているのでもありません。

「あなた」らしさをしっかり伝えて、気になる相手がいたらしっかりと振り向かせてほしい、そう言いたいのです。

 

世の中に出回る「あなた」らしさの嘘

恋愛の指南書などで「あなたらしさが大事」とか「あなたが相手に合わせなくてもいい」なんてメッセージを見かけることがあります。

この言葉、半分は正しくて半分は間違っています。これを自分に都合よく解釈したり、鵜呑みにしてはいけません。

 

かりにあなたの自慢が個性的なセンスだとしても、お相手のあなたに対する関係性が十分になってから披露されたほうがよろしいかと思います。

「そんなのネコをかぶっているみたいでイヤ」って?

あなたに伝えたいのはそんな低い次元の話ではありません。婚活は大切なパートナーを探す、大人の社交場です。求められる振る舞い方というものがあるのです。

 

事実、自分のしたいように自由に振る舞うことが必ずしもあなたを幸せにしてくれるわけではありません。

 

例えば、

● 就職活動の面接で「自分らしく」振る舞う。

● 本気で痩せたいから「自分らしく」大好きなケーキを食べまくる。

● 出会いがほしいから「自分らしく」休みの日は自宅に引きこもる。

 

そんなことはありませんよね。そんな自分らしさは一時的にどこかへ置いておくはずです。きっと状況に応じて使い分けるのではないでしょうか。

 

では婚活に求められる「あなた」らしさとは何なのか?

ふつうに考えれば、お互いを見ないうちから交際に進むことはありませんよね。まずは顔を見たり、姿を見たりしてどんな人なのか確かめるはずです。

つまり、婚活における最初の「あなた」らしさはあなたの外見になります。身だしなみに気を配ることで「あなた」の印象はガラリと変わります。この手間を惜しむのは本当にもったいないです。

これからあなたの印象を良くする2つのことをアドバイスします。

 

メイクアップで「あなた」を見てもらう

ふだんのあなたがあまりお化粧をしないようなタイプでも、婚活では少しばかり頑張ってメイクしてみてください。メイクはあなたの魅力を引き出しますし、お相手への敬意にもなります。

 

ひょっとしてメイクが苦手ですか? 

香りに敏感な職業であったり、お化粧は控えめの職場にいると、慣れないメイクはちょっと苦手ということもありますよね。

 

大丈夫。安心してください。私からとっておきのアドバイスです。

もしメイクが苦手であればデパートの化粧品売り場でプロのアドバイスを受けてみてください。

メイクのプロは美容のプロです。あなたにはどんな色が似合うのか教えてくれたり、今どきのメイクを教えてくれたり、あなたのお肌の悩みまで解決してくれるかもしれません。

無理に高い化粧品を買わなくても、最低限のものを揃えるだけで良いアドバイスがもらえるはずです。

 

これは間違いなく言えるのですが、美しくなればなるほど女性は気分が良くなるものです。自分にも自信がつきますし、そのように振る舞うようになります。そんな女性は男性にとって、すごく魅力的に映るものです。

 

服装で「あなた」を見てもらう

「大事なのは中身。外見は関係ない」

もしあなたがそう考えていたとしても、それどころかそう考えているのであればなおさら、婚活の服装にも気を配りましょう。

 

世の中、女性らしさを求める男性は多いものです。

どんなに男女平等だとか、女性が強くなってきたと言っても、はるか昔より、男性にとって女性は守るべき対象なのです。これは生き物の本能レベルの話なので抗うことはできません。

 

どんな場であれ、服装のTPOは必要ですし、お相手に対しての敬意です。それが婚活の場であれば、できるだけ自分をよく見せたいし、お相手にビビビと感じてほしいですからね。

 

もしふだんのあなたが活動的なタイプで、パンツルックがあなたらしいスタイルだとしても、はじめての出会いでは女性らしいスカートのほうがお勧めです。あなたの女性らしさを印象付けることができますから。

高価なブランド服を買いそろえる必要はありませんが、あなたに似合った清潔感のある服装を心がけましょう。流行遅れであったり、あまりに年齢とかけ離れた服装は、そういう印象を与えてしまうのでくれぐれも気をつけましょう。

 

あなたらしいスタイルを伝えるのはお相手と打ち解けてから。

これからの人生を寄り添うのに自分らしさが出せないのでは息が詰まってしまいますからね。でも、最初からあなたらしさを出し過ぎると上手くいかないことは多いものです。

まずはじっくりとお相手との関係性を築くようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

婚活に求められる「あなた」らしさとは、あなたの考える「あなた」らしさだけではありません。お相手にどのように見えるか、そんな「あなた」らしさがとても大切なのです。

 

でも、お相手に対しては、どんな良い所があるかなと優しい目で見てくださいね。

その態度は、より魅力的なあなたになりますよ。

 

出会いから結婚、そして結婚生活。

これまでの私の人生経験や結婚カウンセラーとしての20年の経験からさまざまな人生の場面を見てまいりました。

だからこそ、ときには厳しいアドバイスを差し上げるかもしれません。それがあなたの人生を大きく左右するかもしれない結婚相談カウンセラーとしての責任だと思っています。

 

私のアドバイスであなたの人生がもっとよくなるのであればこんなにうれしいことはありません。

 

――飯塚 千栄子